消費者金融から借入するときの必要書類とは

突然の出費で消費者金融から借り入れしたい!必要書類は何と何?

お金が必要となって借り入れをしたいと思ったときに、安心かつスピーディに融資を受けられる消費者金融が増えている。安心という面の裏には、大手のメガバンクが運営している消費者金融が多いということが理由であり、スピーディという点ではインターネットを利用して申し込みができるというサービスがあるということが挙げられる。

では実際、借り入れするうえで審査を受けたいとなった場合、どういう条件や書類があれば良いのだろうか。これには二種類の書類が必要となる。一つは、本人かどうかが確認できる書類、もう一つは現在の収入を証明できる書類である。

本人確認用の書類は、基本的には運転免許証となる。表裏どちらもコピーをしたものを提出するのだが、運転免許証を持っていない人は健康保険証やパスポートでも可能となっている。特に健康保険証は、勤務先の会社が判るものも多くあるため、在籍確認ができるという点でも証明書となり得る。

次に必要なものは収入証明書類だが、これはいくつかあるうちのいずれかを提出する。一つ目は、源泉徴収票の写し。そして、税額通知書、所得証明書、確定申告書の写し。最後に給与明細書の写しである。ほとんどの人が、手っ取り早く給与明細書のコピーをとるようだが、この写しの場合のみ二か月分を要求されることがある。直近の二か月分の給与があるという証明をすることで、返済能力があるとみなされるためだ。

これさえあれば誰でも借り入れの審査を受けることができるので、例えば主婦でパート勤めをしている人や学生でも借り入れが可能となる。収入によって借入限度額は異なるものの、困ったときに簡単に、かつ安心してお金を借りられるので、いざという時には利用することをオススメしたい。