自営業者が闇金に手を出してはいけない

「自営業でも借りれる」という誘い文句の金融会社には要注意!

通常、金融会社から融資を受けるときには収入の証明書や、在籍確認が必要となる。これらの提出が難しいのが自営業の人であり、自分自身で虚偽の申告をしようと思えばできるために、なかなか審査を通らない場合がある。さらに、自営業=収入が安定していない、とみなされる場合が多い為、返済能力にも疑問を抱かれやすい。

ゆえに消費者金融で自営業を営む人が借り入れをするには、通常の会社員よりも少し手続きが面倒なことがある。しかしそんななか「自営業でも即融資可能!」などという文句で誘致をしている金融会社がある。実はこういった会社には非登録の悪質な会社が多い。いわゆるブラック金融とか、闇金と言われているような会社である。

どうしてそういう会社からお金を借りてはいけないのかというと、法外な利子を上乗せされるからである。通常、消費者金融を初めとした金融会社は国が定めた協会に登録をしているものであり、そういう会社は利率の上限など様々なルールものとで営業をしていかなければならないようになっている。しかし、それらに登録をせずして営業をしている金融会社があることは事実であり、そういうところはところ構わず電信柱や電話ボックスにチラシを張り付け、いろんな人の目につく場所に広告を打ち出している。

そういう会社は審査が甘い、というかほとんど審査条件がないに等しい為、様々な金融機関から融資を断られた人たちが仕方なく手を出してしまうケースが多い。他の金融機関から断られやすいという点では自営業者も同じなので、簡単に融資を受けられる点でついついそういった闇金に申し込みをしてしまうようだ。

しかしながら、一度融資を受ければ、そのバカ高い利率のせいで完済できる人は少なく、ほとんどの人が自己破産への道を辿るのだという。自分で築き上げた会社を無駄にしないためにも、きちんと調べたうえで手堅く融資を受けなければならない。