所有物を手放さず債務整理をする方法

返済不可能な借金を減額し持ち家も手放さずに済む方法とは

様々な金融会社から借金をした挙句に、返済ができなくなってしまい破産手続きへの道を辿ってしまう人は多くいる。一般的には自己破産といって、自分の財産になるものはすべて手放して、その後国が定めた基準にのっとって質素な生活をしていくという方法がよく知られているが、実はすべてを手放さずして、借金を減額してもらって返済していくという方法があることはあまりよく知られていない。

例えば持ち家があって、住宅ローンは残ってはいるもののせっかくの財産なので手放したくない、という人もいるだろう。そういう人には「個人版民事再生」という方法がよい。一般的には個人再生と称するので今後はそう呼ぶことにする。個人再生とは、基本的に財産を手放すことなく借金を減額、もしくは免除してもらう方法で、住宅ローンの債務が5000万円までであれば、その債務額や財産状況によって定められた返済額を3~5年で返済することにより解決へと向かう方法である。

この方法をとれば、持っている財産ンを手放す必要がなく、かつ個人再生を希望する人の条件に職業や資格などの制限がない為誰でも手続きをすることができる。もちろん、住宅ローンは免除されることはないものの、それらをコツコツと堅実に返済し続けることによって、財産を手放す必要もなく、連帯保証人に迷惑がかかることもない。

知らない人は、窮地に立たされた挙句に自己破産しかないと、肩を落とすことが多いが、実は様々な方法があって、自分に合ったものを選択できるようになっている。もうだめだと落ち込む前に、一筋の光が見つけられるように調べておくことが必要である。